私たちは、自然に優しい生活を応援します。

研究目的Purpose of research

サンプルイメージ

職域においてウイルス性肝炎の検査を実施することは、感染者の早期発見の手段として有用であり、肝硬変や肝癌への進展に対して、早期介入ができると考えられる。しかし、わが国の労働者のウイルス性肝炎に関する知識・認識や、ウイルス性肝炎の検査、ウイルス性肝疾患に罹患した労働者への就業上の配慮についてその実態は明らかでない。本研究では、平成23年度から3年間の予定でこれらの実態を明らかにするための調査研究を行う。

公開講座のご案内Open lecture

ポスターイメージ

公開講座「職場健診で良く見られる肝疾患とその対策」を2013年1月10日(木)学術総合センター 一橋記念講堂(東京都千代田区)にて開催いたします。詳細なプログラム、参加申し込み方法については、後日お知らせします。

新着情報News

Copyright(C)